不動産を利用する~ニッポンの現状と家の以外な関係性~

ニッポンの課題

地球温暖化の防止や循環型社会の形成は、今後の日本にとって重大な課題であると言えます。 地球温暖化がこのまま進めば、平均気温が上昇し生態系にも大きな変化を与えることになります。 また循環型社会によって限られた資源を有効活用することによって、天然資源の消費を抑えることができます。 どちらも大きな課題と言えます。 木材利用ポイントは、そのような対策の一環として行われました。 住宅を建てる時、対象となる木材を使用すれば農林水産関係の商品と交換できるという制度です。 しかし、対象となる木材を利用する必要があり、必要な量を使用しなければならない等いろいろな条件も付いていました。 この木材利用ポイント制度は、平成26年9月30日で終了しました。 この制度を利用しようと駆け込み需要も起きました。この制度は、大変に人気のあった制度だったと言えます。

木材利用ポイントが人気のあった理由としては、多種多様な商品と交換できた点にあったと言えます。 地域の農林水産関係の特産品は勿論のこと、旅行宿泊券や生活関連券などの一般商品券とも交換が可能であり、東日本大震災などの寄付金にまわすことも出来ました。 このように様々なニーズに対応したことが、木材利用ポイントの大きな特徴と言えるでしょう。 木材利用ポイントは終了しましたが、それに類似したポイントはあります。 住宅エコポイントや復興支援住宅ポイントなどです。 このようなポイント制の導入は、循環型社会の大切さを理解する良い機会になったのではないかと思います。 地球温暖化の問題や、循環型社会の構築はまったなしの課題と言えます。 資源を利用して生活している以上、そのことについて真剣に考えることは、当然のことであると思います。